隆基について

世界で最も価値のある太陽エネルギー科学技術企業を目指す

グリーンエネルギーの未来
2000年に設立された隆基グリーンエネルギー科学技術株式会社(以下、「隆基グリーンエネルギー」を略称する)は、世界で最も価値のある太陽エネルギー科学技術企業になることを目指しています。隆基グリーンエネルギーは「太陽の光を生かし、グリーンエネルギーの世界を創造する」ことを使命とし、「穏健で信頼でき、科学技術で先導する」というブランド定位を受け継ぎ、科学技術の革新に焦点を当て、単結晶シリコンウエハー、バッテリーモジュール、商工業分布式ソリューション、グリーンエネルギーソリューション、水素エネルギー設備の5大業務プロックを構築し、世界のゼロカーボン発展を支える「グリーン電力」+「グリーン水素」製品とソリューションプランを形成します。
私たちの歴程
歴史的な根源
営業収入
¥ 80.93
<億元>
全世界の従業員
49,967
<人>
フォーチュン中国企業500社
210
<名>
※データ締切日2022年6月30日
堅実で信頼できる
堅実で信頼できる
中国の太陽光発電業界第
1 <位>
中国エネルギー化学工業製造業第
7 <位>
ブランド価値
¥ 503.8 <億元>
※データ締切日2022年9月5日
モジュールのバンカビリティ格付けでAAAに格付けされた唯一の会社です
リソース:PV技術
BNEFによる100%の「バンカブル」ソーラーモジュールブランドとして評価されています
リソース:BNEF
世界のpv会社の中でaltman-zスコアが最も高い
リソース:BNEF
科学技術の先導
※データ締切日2022年6月30日
1,387
<件>
累積取得特許
¥ 12.36
<億元>
累積研究開発投資

RCZ技術

結晶直接引上げ技術は隆基によって命名されました。大装荷、高引上げ速度、回数を重ねた装荷、この技術は既に太陽光発電業界全体に普及しています。

結晶引上げ

金剛線切断技術

世界の太陽光発電産業が金剛線技術を規模化量産に導入することを先導し、毎年業界のために300億元のコストを節約します。

スライス

PERC技術

長年業界を悩ませてきた単結晶の初期光束減衰問題を徹底的に解決し、バッテリー転換効率の質的飛躍を推進します。

バッテリー

両面技術

PERCバッテリーモジュールの効率は世界記録を更新し続け、出荷量は年々増加し、市場シェアが伸ばし続けています。

モジュール
グリーンエネルギーの未来への展望
Solar for Solar
隆基グリーンエネルギーは、「Solar for Solar」モードを提出し、全世界のために低コストのクリーンエネルギーを創造すると同時に、クリーン生産とグリーン製造の理念を実践しています。隆基グリーンエネルギーは2015年から、中国雲南とマレーシアクチンにレイアウトし、現地の豊富な水力発電資源を利用し、クリーンエネルギーによるクリーンエネルギーの製造を実現しています。隆基グリーンエネルギーは、日照り資源が豊富であると同時に海を臨み、また落差がある場所で、太陽光発電と揚水エネルギー蓄積を結び付ける計画で、太陽光発電の電力で太陽光発電の製造を駆動する産業モードを形成します。
もっと見る