隆基について

世界で最も価値のある太陽エネルギー科学技術企業を目指す

歴史的な根源
今後起業するなら、企業は隆基と名付けましょう
1986
隆基は、蘭州大学の江隆基元学長の名で創立されました!1986年、蘭州大学に入学した李振国氏、鐘宝申氏らは、一緒に江隆基学長の塑像の前で入学教育式を行いました。江隆基学長の事績は、その場にいた全ての学友を感動させ、風采も文才も盛りの彼らの心の中に夢の種を埋めました。「今後起業するなら、企業は隆基と名付けましょう!」隆基ブランドの創立は、先賢への敬慕、先賢文化の伝承に由来すると同時に、教育が科学技術の進歩を推進し、人類の生活をより素晴らしく促進することに対する堅持です!
半導体の時代です
半導体分野の技術革新に取り組みます
2000
2000年2月14日、西安新盟電子科学技術有限会社が設立され、半導体材料、半導体装置の開発・製造・販売を主な業務としています。
2002
2002年9月19日、初の100%出資子会社である西安隆基シリコン技術有限会社が設立されました。
2004
2004年4月、100%出資子会社である西安ケイ美単結晶シリコン有限会社が設立されました。
2005
2005年12月、会社は年産30トンのデバイス級単結晶シリコン生産能力を形成しました。
シリコンウエハー時代
世界の単結晶シリコンウエハー新時代の先頭を走ります
2006
2006年12月、100%出資子会社である寧夏隆基シリコン材料有限会社が設立され、単結晶シリコンロッドの研究開発と製造に力を入れ、西安隆基の重要な研究開発と製造基地です。
2007
2007年12月、社名を西安隆基シリコン材料有限会社に変更し、登録資本金は2500万元に達しました。
2008
2008年7月、社名を西安隆基シリコン材料株式会社に変更しました。西安通鑫半導体補助材料有限会社が設立され、主に太陽エネルギー半導体の生産に必要な化学物質の研究開発と生産に従事します。
2009
2009年11月、100%出資子会社である銀川隆基シリコン材料株式会社が設立されました。会社の主な製品である8インチ単結晶シリコンは、太陽エネルギー結晶シリコンバッテリーの主要材料です。西安隆基1期の350MWトン単結晶シリコンウエハープロジェクトが完成しました。
2010
2010年9月27日、100%出資子会社である無錫隆基シリコン材料有限会社が設立され、主に太陽エネルギーによる太陽光発電用単結晶シリコンウエハーのスライス加工を従事します。
2011
2011年6月、会社の研究開発センターが設立されました。
2012
2012年4月11日、会社は上海証券取引所のメインボードに正式に上場しました。 2012年10月、西安隆基は生産拡大を完了し、シリコンウエハーの生産能力が1GWを突破しました。 2012年12月、寧夏隆基2期プロジェクトが完成し、単結晶シリコンロッドの生産能力が8000トンに達しました。
2013
2013年10月、会社のシリコンウエハーの年間出荷量が1GWを突破しました。
太陽エネルギー科学技術時代
世界トップレベルの太陽エネルギー科学技術会社に邁進する
2014
2014年5月8日、持株子会社である西安隆基クリーンエネルギー会社が正式に設立され、これは公司が太陽光発電所の建設及びEPC業務への本格的な進出を表しました。 2014年10月12日、隆基株式は浙江楽葉太陽光発電科学技術有限会社の85%の株式を買収し、会社業務が太陽エネルギーバッテリー、モジュールの研究開発、製造と販売に向けて拡大しました。 2014年12月、無錫隆基2期プロジェクトが完成し、単結晶シリコンウエハーの生産能力が3GWに達しました。
2015
2015年11月24日、楽葉太陽光発電エネルギー有限会社が登録・設立され、会社は全力で分布式太陽光発電業務の開拓を開始しました。
2016
2016年4月19日、クチン隆基が正式に設立され、当社初の海外単結晶シリコンウエハーの生産基地となりました。 2016年11月15日、隆基株式の雇用主ブランドが正式に発表され、「明るい産業、共同の事業」を従業員の価値主張として、グループの人材発展と戦略目標の実現に助力します。2016年9月13日、隆基株式の隆基新エネルギー事業部タイ子会社が設立されました。
2018
2018年12月、隆基株式の李振国総裁は第24回国連気候変動会議で、太陽光発電で太陽光発電製品の製造を駆動する「Solar for Solar」の理念を発表し、世界中から注目されました。
2019
2019年5月、隆基72型両面ハーフピースモジュールの正面パワーが450Wを突破し、世界記録を更新しました。
2020
2020年1月、隆基は2020年ドバイ万博中国館の「指定した太陽光発電ソリューションサプライヤー」となりました。 2020年7月、初の組立式BIPV製品ーー「隆頂」がラインオフしました。2020年11月、隆基は気候組織のRE100、EV100、EP100のイニシアチブ、及び「科学的炭素目標」イニシアチブに参加しました。
太陽光発電+水素エネルギーの時代
グリーン電気でグリーン水素を作ります
2021
2021年3月、100%出資子会社である西安隆基水エネルギー科学技術有限会社が設立されました
2021年5月、隆基グリーンエネルギーのスマートエネルギー館がオープンしました
隆基初の「ゼロカーボン工場」が雲南保山に着地しました
2021年10月、隆基初のアルカリ性水電解槽がラインオフしました
2021年12月、隆基株式は蘭州大学と未来技術研究院を設立しました
2022
2022年1月、隆基株式は西安交通大学との科学技術革新提携が再び『人民日報』から注目されました
2022年2月、隆基のHi-MO 5m 54タイプのモジュールは、隆基分布式製品マトリックスをさらに完備し、全世界のユーザーにより大きな価値とより多くの選択肢をもたらしました。
2022
2022年3月、ドイツのハメルリン太陽エネルギー研究所(ISFH)の認証を受け、隆基はガリウムドープp型シリコンウエハーを採用して調整したシリコンヘテロ接合電池(p-HJT)が、転換効率25.47%の大型p型太陽光発電バッテリー効率の世界記録を樹立しました。隆基の研究開発チームは、M6フルサイズ(274.5c㎡)の単結晶シリコンウエハーにおいて、インジウムフリーHJTバッテリーの25.40%転換効率の新世界記録を樹立しました。
2022年6月、ロンギは世界で「持続可能な開発に関するレポート2021」を発表します。
歴史的な根源
1986
半導体の時代です
2000-2005
シリコンウエハー時代
2006-2013
太陽エネルギー科学技術時代
2014-2020
太陽光発電+水素エネルギーの時代
2021-今日
イノベーション ラボ