LONGi、2023年第1四半期のPV ModuleTech バンカビリティ格付けにおいて、13期連続でAAAを獲得

グローバルニュース
2023.07.07

LONGi(ロンジ、本社:中国西安市)は、2023年第1四半期時点の「PV ModuleTechバンカビリティ格付け」において、13期連続で最上位格付けのAAAを獲得しました。

他の大手モジュールメーカーのAAA獲得は4期連続が最高でしたが、LONGiはその安定的に優れた製品の生産能力・供給力・技術力と財務健全性によって、2020年第1四半期時点の評価以来、今回で13期連続のAAA獲得となりました。

「PV ModuleTechバンカビリティ格付け」 2023年Q1
「PV ModuleTechバンカビリティ格付け」 2023年Q1

この格付けは、Solar Media社PV Tech分析チームが5年間の研究成果として開発し、2019年10⽉に誕生した太陽電池モジュール(太陽光発電パネル)メーカーに対する総合的なバンカビリティ(Bankability)判定手法です。バンカビリティは、製造スコアと財務健全スコアから成り立ち、そのうち製造スコアは供給能力・生産能力・技術の3つから成ります。そして、これらの評価は全て、実際の太陽光発電所プロジェクトの実績情報に基づいて意思決定を行おうとする投資家や利害関係者が、重要視していると考えられています。

「PV ModuleTechバンカビリティ格付け」の判定手法
「PV ModuleTechバンカビリティ格付け」の判定手法

ロンジ・グループ(LONGi Green Energy Technology Co., Ltd.)について

2000年設立のLONGiは、世界有数の太陽光発電テクノロジー企業として、エネルギー転換のシナリオを自ら描き、顧客視点の価値創造に注力することを使命としています。「太陽エネルギーを利用してグリーンエネルギーの世界を創る」という使命と「堅実で信頼できる技術リーダーシップ」というブランド哲学のもと、LONGiは技術革新に専念し、単結晶シリコンウェハ、セル・モジュール、商業・産業用分散型太陽光発電ソリューション、グリーン電力ソリューション、水素設備という5つの事業分野を構築しています。同社はグリーン電力を提供する能力を磨き、最近ではグリーン水素の製品及びソリューションも加え世界のゼロ・カーボン化を支援しています。 www.longi.com/en

この情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点で内容が異なっている場合がありますので、予めご了承下さい。